Left To Right : Adam(Gu/Vo), Kevin(Vo/Ba), Warren(Dr/Vo), Terry(Gu/Vo)

Adam編

A:やぁやぁ、君は良いパーカー(Leatherface)を着ているね。
D:何を言ってるんだ、君も今、同じのを着てるじゃないか(笑)
A:それって日本でも買えるの?
D:いや、多分買えない。Leif Ercssonってバンドは知ってるだろ?
 彼等が日本に来た時、僕は多くのライブに足を運んで、
 (コーラを)飲みながら、たくさんの事を話したんだ。
 で、別れ際にVo/GuのWillがプレゼントしてくれてね。
 少しオーバーサイズだけど、僕の宝物だよ。
A:良い話だねぇ。

*************************************************************************************
D:(BGMにTravis Cutが流れるのを聴いて)彼等は、今、どうしてる?
A:うーん、よく知らないんだ。クリスとマークは、勿論覚えてるけど、
 ドラマーはコロコロと変わっていたしねぇ。
D:あ、クリスは元気だよ。今でも時々メール交換をしている。
 ただ、マークは病気みたいでね。何年か前に病気だって聞いてて、
 最近も病気だって事だから長引いちゃってるのかも。
A:何だよ、君の方がよく知ってるんじゃないか!(笑)

*(編中)マークからも連絡がありました。今では元気みたいです。

*************************************************************************************
D:ケビンから聞いたんだけど、赤ちゃんが生まれるって?
 おめでとう!もう名前は決めたの?
A:いや、まだ男か女かも分からないんだよ。
D:他には何人子供がいるの?
A:これが最初の子供なんだ。でも2〜3人は欲しいなぁ。
D:それなら双子が良いかもね(ジェミニって言っちゃいました)。
 あー、ジェミニは元々がギリシャ語だし、星座の名前だから通じないか。
 えーっと、ジェ…ジェ…ジェ…二人の赤りゃんが一緒に生まれる…
A:ああ、双子ね、そう、それがベストだ。
D:ふー、危ない、危ない。もう少しでジェノサイド(殺戮)って言いそうになったよ。
A:あははは、有り得ねぇ(笑)

*************************************************************************************
D:今回、岡山から君達のファンが10人近く来てるみたいだ。
A:本当に?しきりにケビンとテリーが
 岡山でライブしたいって言ってたのが分かるよ。
D:Navelのタクも同じ事を言ってたかもしれないけど、
 僕等は君達の音楽だけでなく、人間性も愛してる。
 去年のThe Sectの時は岡山でもライブしたんだけど、
 ケビンもテリーも気さくにファンと会話してたしね。
 その10人には僕の友達も多く含まれてるんだけど、
 そういうジェントルな面に感激したって言ってたよ。
A:そっかぁ、じゃあ、次回は絶対に岡山に行かなきゃね!

*************************************************************************************
D:ケビンにイタズラしてたら、あっちに行ってくれないかって言われちゃったよ…
A:どんなイタズラをしたの?
D:いや、本当の事を言っただけ。
 君は本当に女の子が大好きなんだねって(笑)
 何回も言っちゃったから、少々しつこかったかな。
A:大丈夫だよ、ケイ。それは本当の事だ(笑)
D:Driveが日本に来た時も、少しイタズラしたねぇ。
 手で巻くタイプの煙草があるでしょ?
 あれをみて、どんなドラッグを使ってるんだ?とか。
 関節の痛みを和らげるピルを飲んでるのを見て
 どんなドラッグを使ってるんだ?とか。
 仕返しに、ケイ、オマエはゲイだって言われたよ。
 僕が吸ってる煙草の箱がピンクだったから(笑)
A:可愛いモノじゃないか。
D:あー、ただ、K氏には気をつけなよ。もっと大きなイタズラをするから。
 写真を撮ってる時には肩を揺さぶられるし、
 トイレで用を足してる時には背中を押される。
A:大丈夫、もう充分知ってるよ(笑)
D:知ってるって事は、もう既に何かされたって事ですか、そうですか。

*************************************************************************************
A:君が昨日持っていたバッグ、すごくイカしてたよ。
D:ん?グレゴリーの事かな?今日もサイズは違うけど同じのを付けてるぜ。
A:何処に行けば買えるかな?
D:大きなファッションモールに行けば、必ず置いてあると思うよ。
A:値段は、どのくらい?
D:えーっとね、普通のバッグよりは少し高くて、デザイナーズブランドよりは安い。
 イギリスのブランド、イギリスのブランド…と。
 ポール・スミスよりは安いって感じ。分かりにくいか(笑)
 あー、フレッド・ペリー!フレッド・ペリーがあった。
 フレッド・ペリーが、あんな形のバッグのを出したら同じ位の値段だろうね。
A:よーし、分かった。すぐ行こう、今行こう!
D:え?今から?いや、京都は古い街でショッピングモールとか少なそうだし…
 何より、迷子にでもなったりしたら、僕は君達のファンに殺されてしまう(笑)
 東京に戻った時に買うと良いよ。東京なら至る所にファッションモールがあるし。
A:よーし、分かった。絶対に買うよ!
D:あー、でも、明日までは京都でゆっくりして、東京での滞在時間は少ないのか。
 よし、じゃあ、ちょっと待ってて(車に置いてあるブツを取りに行くドウドウ)。
 はい、アダム、コレ。
A:え、何?
D:だから、プレゼントだってば。ビートルズで言えば、いわゆる「From Me To You」。
A:いや、ダメだよ、貰えないよ。
D:良いんだよ、テリーやケビンには去年日本に来た時に
 お土産を沢山渡したんだ。君にあげないのは不公平じゃないか。
A:本当に良いの?
D:良いともさ。
A:それじゃあ、こちらからも何かお礼をしなくちゃね。
 イギリス産で欲しい物があったら、何でも言ってくれ。
 それと君の住所を教えてくれるかな?
D:あー、少し考える時間が必要だよ。
 サイトの方からメールをくれれば、住所も返信するから。
 その方が確実だろ?あ、でも、あった、今すぐ欲しいモノ!
A:何だい、何でも構わないぜ!
D:ギブ・ミー・ユア・スマイル!(日本語で書くには余りに恥ずかしい…)
(固く抱き合う二人。ほいで、両者が思っていた事でしょう。良い話だなぁ、と)

Take it back, it's too late to say those words.